冷え性

  • 冷え性

手足の先は冷えやすい

防寒の仕方を間違えない

冷え症は女性が多く悩む症状の1つです。

成人女性のおよそ半数以上がこの冷えで悩んでいるさえ言われており、特に末端となる手足の先、そして腰に冷えを抱えている人が多いです。

たかが冷え性と思っている人もいるかもしれませんが、特に女性の場合は、冷えによって人体に様々な悪影響となってしまうので注意が必要です。

またここ最近では男性の冷え性も増えてきていると言われています。

基本的に体が冷え症になっている場合は今はまだ何も問題に感じていないでただ手足が寒いで済むかもしれませんが、冷えが深刻化して慢性化してくると生理痛だったり、関節痛などの様々な症状が出てきて、それによってストレスを抱えたりします。

女性は慢性化しやすい傾向にもなりますので早いうちから冷え性対策をしておかないといけません。

別に体温計で測っている分には問題に無いのにも関わらず、手足の末端はまるで氷のように冷たくなっている。

冬場はともかく夏でも冷たいという人は冷え性ですよね。

なんとなく体の芯が寒くて震えるとか、痺れのような感覚で冷えているという人もいるでしょう。

冷え症の人に見られる特徴としては「手足が冷たい・冷房にあたると具合が悪くなる・温度差に敏感・寝るときは夏でも靴下をはく・すぐにおなかが痛くなる・下痢になりやすい」などがあります。

また冷えという症状は女性特有だからとか、もう生まれつきだからと軽んじている人もいますが、冷え性というのは自律神経が体温調節に関わっているので密接な関係があります。

本来、体の発汗や毛穴の開閉、冬などの寒い季節には筋肉の震えによって熱を作ったり、逆に暑い時などは汗となって体温調節を行っていたりします。

体温を一定の温度に保つ働きをしているわけですが、この自律神経が乱れてしまって体温調節が行われなくなっている状況なのです。

原因として多いのが過剰な冷暖房、食生活の乱れ、不摂生、ストレスなどが挙げられます。

特に夏場の暑い時の冷房は問題があり、頻繁に外気と室温の温度差が10度程度離れているところを行き来すれば自律神経の調整が出来なくなってしまいます。

夏場もそうですが、冬場の寒い季節に外は寒くて夏が暑い状況ともなれば自律神経に負担がかかってしまうでしょう。

例えば通勤時間中は満員電車ではクーラーが効き過ぎて寒くて下りたときには暑い太陽の下にいたり、ちょっとした店内に入って涼んでから外に出ればまた日差しの下に照らされてしまうといったことが続けば自律神経が乱れてしまうのは当然ですよね。

冷えを予防する生活の工夫としては寒い時期でも冷暖房は控えたりしなくてはいけませんし、職場が寒いと思っていたら羽織るものを用意したり、手袋や足を暖めるレッグフォーマーを常備して防寒をしましょう。

さらにシャワーではなくてしっかりとお風呂に入れなくてはいけませんし、夏場でも暖かいものやバランスのいい食事を摂ることが大切です。

温度差を広げない工夫をする事が大切です。

漢方では冷え性は長い時間をかけて改善していく症状であり、長期的な治療が必要とされています。

冷え性の状態と代表的な漢方薬としては十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)・人参養栄湯(にんじんようえいとう)・当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)・温経湯(うんけいとう)・加味逍遙散(かみしょうようさん)・当帰薬散(とうきしゃくやくさん)などが挙げられます。

他にもストレスによるものだったり、環境によって冷えが出たりします。

長期間の積み重ねが冷えとなって現れているのですぐに効果となって現れるものでもありません。

少しずつでも地道な努力によって改善されていくものと考えましょう。

ページのトップへ戻る