勃起不全

  • 勃起不全

女性も悩んでいる

病気の合図でもある

勃起不全に悩む男性というのは増えています。日本だけではなくて世界中で増加傾向となっていて悩んでいる男性も多いでしょう。

男性のみならず、勃起不全のためにスムーズな性行為が出来なくなっているためパートナーとなる女性も性行為が出来ずに悩んでいるのです。

また妊活中はタイミング法と呼ばれる排卵日の2・3日前に性行為をすることで妊娠の成功率を高めていたわけですが、必ず決められた日に性行為をしなければいけないというのがプレッシャーになったりします。

どんなに疲れていようとも気持ちが乗らなくても関係ないのです。

必ずしなければいけない!というプレッシャーから性衝動よりも勝ってしまって勃起不全になってしまいます。

旦那が勃起不全になってしまったことで子供を諦めてしまったというケースも昔は少なくなかったのです。

勃起不全に苦しんでいる人たちは年々世界中で増加傾向にあるわけですが、今はもう勃起不全の第一選択医薬品としてED治療薬のバイアグラがありますよね。

バイアグラが誕生したことによってまさに夢のような薬、夢にまで見た薬と言われるほど多くの人が待ち望んでいた医薬品なのです。

勃起不全になったとしてもバイアグラがある!と思えば昔と比べたら全然違うでしょう。

やはり医薬品として認められた薬があり、被験者の多くが効果を実感しているわけですから安心できます。

ただし、勃起不全というのは決して一度でもなってしまったら治らない病気というものでもありません。

むしろ若い人ほどすぐに勃起不全は治ると言われています。

まずなぜ勃起不全になってしまうのかを考えると多くの人が年齢を重ねてしまったことにより性的欲求の低下を挙げています。

確かに年をとればとるほど、性的欲求というのはなくなってきますが、これは勃起不全の原因で言うと2番目です。

では最も原因として挙がっているのが実は糖尿病・高血圧・脂質異常症と呼ばれる生活習慣病から起きています。

生活習慣病というのは生活習慣病とは、不規則な食生活や食べすぎ、運動不足などの生活習慣が原因で起こる病気の総称です。

簡単に言えば食べすぎと運動不足によって起こってしまうのです。

そもそも勃起のメカニズムとして視覚やシチュエーションなどによって性的欲求が沸いた時に脳から勃起をしろと命令が下されます。

すると一気に血流が陰茎海綿体に集まって勃起へと至るのですが、生活習慣病の人は血液の流れがドロドロです。スムーズに血流が集まらなくなってしまって勃起不全となってしまうのです。

ED治療薬の場合は血管を拡張して血流をよくする働きがあるのでスムーズな勃起へと至りやすくなるだけではなくて、勃起を長持ちさせる効果もあるので途中で中折れすることも無く十分な性行為が可能となります。

使い方さえ間違えなければED治療薬は問題なく効果を実感することが出来ます。

使い方としてはまずはバイアグラの他にもレビトラやシアリス、ステンドラなどのED治療薬が存在しますが、基本的には「空腹で服用する方が効果が高い」です。

シアリスやレビトラの場合は多少の食事(脂質とカロリーの少ないものが望ましい)であれば摂った後でも問題ないのですが、それでも効果をより得ようと思ったら空腹のほうがいいでしょう。

服用の量としては必ず1日1錠までで過剰摂取はせずに用法容量を守って正しく使ってください。過剰に摂取をしてしまうと血管が拡張されすぎてしまい、最悪命を落とされてしまった人もいます。

薬の効果を多く実感させようとするのではなくて、適切な方法で服用さえすれば日本人の体型であれば十分に効果を実感することが可能ですし、副作用も抑えることが出来ますので決して無理はしてはいけません。

正しく使うようにしましょう。

服用する際の飲み物としては幅広く、水・お茶はもちろんスポーツドリンクやお酒と一緒に飲んでも問題ありません。

ただし、乳製品と飲もうと胃の中に膜を張ってしまい薬の吸収を妨げてしまいますので一緒には飲まないようにしましょう。

またお酒とも一緒に飲んでも薬の効果は問題ないですが、血管が拡張されてしまうことでいつもよりもアルコールが回りやすくなるので酔いやすくなってしまいます。

お酒に弱いと自覚している人はED治療薬を服用する際にはお酒を控えるようにしておくようにしましょう。

酔ってしまって気持ち悪くて性行為どころではないという人もいるでしょう。

薬は正しく服用することで効果を最大限に得ることが出来ます。

漢方においても勃起不全を治すものとして精神的な疲れから来ると考えられており、気の流れが悪いことが原因とされています。

気の流れをスムーズにする生薬の理気薬(りきやく)である柴胡、枳実、陳皮、半夏、厚朴、香附子などを含んだ漢方薬が主に使用されることが多いです。

漢方の働きによって気の流れがスムーズになればより効果を実感できるかもしれません。

まずはバイアグラなどのED治療薬を使いつつ東洋漢方を使ってみてはいかがでしょうか?

さらに根本的な解決としては食生活の改善や運動不足の解消が挙げられます。

血の巡りが悪いのであれば全身運動であり、ランニングや水泳をしてみるのはいかがでしょうか?

特にランニングはシューズを用意すれば今すぐにでも行えます。いきなりハイペースでスタートするのではなくて、小走り程度のスピードで30分以上走るようにしましょう。

脂肪燃焼は20分後からスタートするので最低でも30分以上は走ることが望ましいです。

運動とED治療薬や漢方を駆使して勃起不全を治しましょう。

ページのトップへ戻る