花粉症

  • 花粉症

花粉を感じなくなるようにする

自分に合った花粉症対策を行う

日本の花粉症に悩む患者は毎年増え続けています。

もはや「国民病」と言ってもいいほど多くの人が悩んでいる花粉症ですが、花粉のほかにもハウスダスト、ダニなどをアレルゲン(抗原)とするアレルギー反応なども含まれています。

他には中国からやってくる黄砂なども入ってきたり、PM2.5なども季節風にやってきたりとアレルギーに苦しまされているわけです。

毎年花粉のシーズンともなれば花粉が飛び交っているニュースが出てきて例年の何十倍もの花粉の量が飛び交っていますといったニュースが流れてうんざりすることでしょう。

特に花粉症に悩まされている人は4月~9月まで花粉が飛び交っていて全てにアレルゲン反応が出ている人は年中花粉症によって辛い思いをしている人もいます。

花粉症によって仕事に集中できずに支障をきたしてしまうだけではなくて、深夜も鼻づまりや目のかゆみによって全然眠れなくなってしまうという人も多く本当に困っている人が多いです。

本来、花粉というのは土の中へと入っていくはずがコンクリートによっていつまでも大気中を漂ってしまうことで花粉症の患者は増加したと言われています。

本当に憂鬱になってしまうかもしれませんが、今は医薬品なども充実していますよね。花粉シーズンを迎えると花粉症の医薬品のCMを見ない日はないほどです。

また薬物治療のほかにはレーザー治療(レーザーで鼻の粘膜を焼く)、減感作療法(アレルゲンを少量ずつ体に入れてアレルギーを起こしにくくする)なども行われています。

漢方治療の場合は症状そのものを抑える治療と、病気になりやすい体質を改善して病気になりにくい体を作る治療に分かれますが、実は漢方と花粉症の相性は良いとされていて西洋医学でも取り入れられていたりします。

漢方においては花粉症の対策方法として漢方では気(き)血(けつ)水(すい)の3つのバランスが重要で花粉症の場合は水にあたり、本来体内に無くてはいけないところに水が無くて、鼻や目などの偏った場所に水が溜まってしまっていると考えられています。

花粉症の時にむくんでしまうという人がいますが、そういったものも水のバランスが乱れているからだと言えます。

漢方では水の偏りをなくして水分バランスを整えることが重要と考えています。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)や麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)などが主に用いられていますが、体力のあるなしで処方される漢方薬も変わってくるわけです。

小青竜湯の治療効果については、臨床試験によって鼻水や鼻づまりの高い効果があることが確かめられています。

日本の国民病とも言われている花粉症だからこそ対処方法も種類が豊富にあるわけです。

また、薬の処方箋をしてもらうときに眠くなりやすい薬と眠くなりづらい薬の2種類を使い分けてもいいわけです。

例えば仕事をする前に飲むときは眠くなりづらい薬を用いて、夜寝る前は一刻も早く眠りたいわけですから眠くなりやすい薬を使ったりと使い分けをしましょう。

毎年花粉のシーズンはやってきますから対処方法はいくらでもあるということを理解して欲しいわけです。

自分にあった花粉症対策を行うようにしましょう。

ページのトップへ戻る