更年期障害

  • 更年期障害

出産後は安静に過ごす

決して無理をしてはいけない

更年期障害というのは女性の生涯のうち、成熟期から老年期に移る一時期のことで、卵巣機能が低下しはじめ、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減っていくことで起こる症状上のことで、人によっていつ更年期障害になるのかは分かりません。

大体早い人で45歳から55歳ぐらいまでの約10年間が更年期に当たると言われています。

人によっては軽度で済む人もいれば、様々な症状に苦しむ人もいるのです。

更年期障害と言ってもイライラ、不安、落ち込み、抑うつ、動悸、頻脈、発汗、手足の冷え、肩こり、腰痛、食欲不振、吐き気、不正出血、月経量の異常、性交痛、外陰部の違和感、不眠、意欲の低下、集中力の低下、頻尿、排尿痛、頭痛、むくみなど様々な症状となって現れるのです。

女性ホルモンが減ってホルモンバランスが乱れてしまうとそれだけで様々な症状が現れるのです。

女性ホルモンと聞くと一般的には排卵を促したり、乳房や子宮を発達させるイメージだったり、肌や髪の毛に関係すると思われてしまいがちですが、他にも自律神経を安定させる役割だったり、コレステロールを下げる効果など女性の心と体の健康においては必要不可欠なものでもあります。

女性ホルモンが減少すると月経が止まりますが、自律神経にも異常が生じてしまうため多くの女性がこの更年期障害に苦しんでしまうと言われています。

症状の出方に関しても非常に個人差があったり、遺伝の影響も強いと言われています、仕事や家庭環境によっても左右されるので一概にはどの症状で出たら更年期障害と判断できないのですが、最近の傾向では集中力の低下や体の不調(集中力の低下)心不調(精神病)を訴える人は少なくありません。

40代を半ばを超えて自分の体調がなんか調子が悪いなと思っても特に身に覚えがないという人はもしかしたら更年期障害になっているケースがありますので、体調が悪い日が続くという人は「簡易更年期指数(SMI)」という自己チェック表で確認しましょう。

【簡易更年期指数(SMI)】

○顔が火照る
○汗をかきやすい
○腰や手などが冷える
○イライラしやすく怒りっぽくなった
○寝付けなくなったり、眠りが浅い
○頭痛やめまい、吐き気をもよおす
○疲れやすい
○肩こり、腰痛、手足の痛みがある
○息切れ、動悸がする
○憂鬱になったり、くよくよしてしまう

上記に当てはまる内容で「強・中・弱・無」4段階に分けて、自己分析を行っていきます。

ある程度当てはまると思ったら病院に行って診断をしてもらったほうがいいでしょう。血液中のホルモンの分泌量などを測定する血液検査をしたり、ホルモンの病気や精神病のなどの検査を行って最終的に判断されます。

更年期障害と診断された場合はHRT(ホルモン補充療法)や精神症状を抑える薬(抗うつ薬など)などを使って、症状を改善させていくのが西洋医学の対処法ですが、漢方薬も用いられます。

漢方の世界では女性は7の倍数の年に体や心に変化が生まれるといわれています。

42歳ごろになれば白髪や加齢の兆しが見え初めて49歳で閉経を迎えるわけです。これは古来からそこまで変わっていないサイクルと言われています。

更年期障害というのは個人差が大きいので周りに相談をしてもなかなか理解できないですし、軽んじられてしまう傾向にありますが、症状が強く出てしまう人からしてみれば日々の生活を送るのが辛いと言えます。

更年期障害は漢方が効果的と言われていて、漢方の世界では「気(き)・血(けつ)・水(すい)」のバランスが大事とされていて更年期障害の不調がどこから起こるのかを探ります。

基本的に更年期障害は気や血のバランスが乱れてしまって起こると考えられているのでそれを調整するための漢方薬が処方されるのです。

複数の症状が出る更年期障害に対して、漢方薬は複数の症状に対して効果が現れることですので、その人の体質や悩みに応じて漢方薬を処方してもらうようにしましょう。

体調が悪いと思ったら漢方薬を試してみたり相談をしてみましょう。

ページのトップへ戻る