生理痛

  • 生理痛

女性ホルモンの乱れ

毎月訪れるものを改善する

女性特有の毎月必ず来るのが生理ですが、その痛みに苦しんでいる女性も多いです。

男性からはまず理解が得られませんし、痛みにも個人差やその時々で生理痛が重いとか軽いとかが変わったりもします。

場合によっては同性からも理解されない場合もあります。

普段からそこまで生理痛が酷くないという人から生理痛ぐらいでグダグダ言うなよと心無い一言を言われた人もいるでしょう。

同性からも中には批判を浴びたことがあるなんていう人も中にはいるのではないでしょうか?

生理痛はあまり酷くないという人もいれば中には立ち上がることが出来ないというケースや日常生活に支障をきたして救急車で運ばれてしまうという人も中にはいるようです。

生理痛によって普段の生活に支障をきたすほどの重いものを月経困難症と言います。

子宮筋腫や子宮内膜症など、何らかの病気が原因で起こるものを「器質性月経困難症」。

原因がはっきりしないものを「機能性月経困難症」とで分けられています。

生理痛に悩んでいる人は全体の7~8割の人が悩んでいるということで女性の大半が何とかして生理痛を軽減させたいと思っている人もいると思いますので紹介していきます。

まず生理痛の原因としては、子宮の強い収縮、骨盤内のうっ血、自律神経の乱れが挙げられますが、主に子宮の収縮が挙げられます。

月経になると、プロスタグランジンという生理活性物質が子宮内膜で作られるのですが不要になった子宮内膜を平滑筋という筋肉を使って強く収縮させることで、外に排出されるのですが、このときの収縮が過度だったり、収縮に対して過敏になってしまうことで痛みとなって生じてしまうのです。

子宮が未発達で子宮口(月経血の通り道)が狭い場合や、子宮後屈など子宮の位置が正常ではない場合は、痛みが酷くなりやすいようです。

今は痛みの軽減の為に低用量ピルがあったり、痛みを緩和させる痛み止めなどがありますよね。

特に低用量ピルというのは今はかなり改善されてムクミや体重増加といった副作用がないものも発売されていたり、女性ホルモンを整える働きもあるので、避妊薬として使われる意外にも生理痛を軽減させる為に使っている人も増えています。

ただし、継続して使う必要があるという点と妊活中には使えないというのがありますので環境や状況によって使い分けるようにしましょう。

中には手術やホルモン療法などを使って改善する方法もあります。月経困難症には冷えやストレスなども関係性が高いと言われています。

冷えというのは女性にとって大敵でもありますので会社での冷房が強い場合はブランケットや手袋などをして冷えたい策を行っていきましょう。

またよく勘違いをしているのが生理になってから対策をするのではなくて生理なる前から対策をしておくことが大切です。

日々の生活を見直して体を温めておいたり、ストレスを溜めずにリラックスをした状態にしておくだけでも生理痛を軽減させることができるようになります。

漢方では「気(き)・血(けつ)・水(すい)」のバランスが大事とされていて月経痛や月経困難症は、主に「血」、つまり血液や血液循環の乱れから起こるとされています。

血行不良や血液が不足をすることで起こるとされていますので、漢方薬を用いて血の異常を治して月経痛を和らげるようにしましょう。

生理痛などで使われる漢方薬としては桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や桃核承気湯(とうかくじょうきとう)、当帰薬散(とうきしゃくやくさん)や温経湯(うんけいとう)などがよく使われます。

月経における腹痛に関しては薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)が使用されたりとその人の体格や体質によっても使われる薬が変わってきます。

例えば西洋医薬品を使って鎮痛剤などを用いて痛みを軽減させつつ、漢方薬を使って体質改善をしていくという平行したやり方もあります。

ページのトップへ戻る