メタボリック症候群

  • メタボリック症候群

健康的に痩せる

暴飲暴食を無くす

メタボリックシンドロームという言葉も日本で大分浸透してきておりメタボ体型と言われたら太っている人の代名詞になっています。

でっぷりとせり出したお腹はまるでお腹の中に赤ちゃんでもいるかのような中高年男性に多い「内臓脂肪型肥満」の肥満体型はビール腹とも呼ばれていて決して健康的ではないですよね。

日本でも近年、太っている人は自己管理不足であり、そんな奴には仕事もきちんと出来ないみたい雰囲気が社会の中に芽生え始めていて改めてメタボリックシンドロームについて真剣に考えなくてはいけません。

ただし、勘違いをしてはいけないのが「メタボリックシンドローム」は必ずしも太っている人のことを言うのではないですし、太っているからと言っても問題ないでしょ?って思っていたらお間違いです。

見た目やお腹まわりの数値(腹囲)だけの問題ではないことで今は体の異変を感じれなくてもメタボリックシンドロームによって将来色々な病気にかかってしまうことになります。

健康診断などでメタボリックシンドロームと診断された場合は今後の健康管理を真剣に考えなくてはいけません。

「メタボリックシンドローム」は別名、「内臓脂肪症候群」と呼ばれて複数の病気や異常が重なっている状態を表します。

どういう状態かというと、腸のまわり、または腹腔内にたまる「内臓脂肪の蓄積」によって、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病の重なりとなってしまうのです。

例えばこの生活習慣病によってどんなことが起こるのかというと勃起不全の原因にもなってしまったりするだけではなくて、最悪の場合、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化を急速に進行させてしまいます。

今現在は健康でも今後この生活を続けていた場合は、危険信号と判断されてしまいます。

動脈硬化の進行予防という観点からすると1つ1つは軽度なものかもしれませんが、それが複数組み合わさってしまうと“すでに手を打たなければならない状態”として捉えなければいけないのが「メタボリックシンドローム」の考え方なのです。

では具体的にどのようにしなければいけないのかというとまずはライフスタイルの見直しです。

食生活と運動をしましょう。

今までの不摂生を取り返そうと思ったらやはりバランスのいい食事をすることが大切です。今まで大盛りでごはんをおかわりをしていた状態から1杯だけにしてご飯を食べる代わりに野菜をしっかりと摂ることが大切です。

最初に野菜から摂ることで糖分や脂質の吸収を抑える働きもあります。

漢方などを使ってメタボリックシンドロームを解消する方法もあります。

「防風通聖散錠満量」などの漢方薬もロート製薬などから販売されています。

しかし、今までどおり同じ食事をして「防風通聖散錠満量」を服用してもそこまで効果があるとはいえないでしょう。

やはり大事なことは運動と食生活の改善です。一念発起してまずは運動と食事改善を行い自分の体を変えていくことが大切です。

若い人ほどちょっとの運動で体重を落とすことも難しくは無いですが、年齢を重ねると代謝もどんどん落ちてくるとダイエットをするのは難しいかもしれませんが、メタボリックシンドロームというのは恐ろしい病気への入り口だと思ってしっかりと対処しましょう。

西洋医薬品においても色々な種類の薬があります。

脂肪の吸収を抑えたり、カロリーをカットするものもありますが、やはり基本は自分のライフスタイルを改善するしかないのです。

またダイエットは長期的な計画で徐々にやせていく必要があります。まず急激な体重変化は体に対してかなり負担がかかります。

よくダイエットのCMなどで1ヶ月や2ヶ月で劇的な変化をしているのが流れています。芸能人がモデルになったり、実体験として行っていますが、その後の多くの人がリバウンドをしているのです。

急激なダイエットをしてそれを維持するというのは難しいので計画的に食事をどれぐらい抑えてどれぐらい運動をしていくのかを綿密に計算をしましょう。

1ヶ月で2kg痩せることを目標にしていけば半年でも10kg以上痩せる計算になります。

あまりにも辛いダイエットをして急激に痩せようとすると反動がありますので必ず段階を踏んで計画的に痩せていくようにしましょう。

ページのトップへ戻る